R/URBAN DESIGN OFFICE LLC

ヌーヴェル赤羽台5号棟

Nouvelle Akabanedai bldg. 5

0102030405

ヌーヴェル赤羽台5号棟

2010 / Category: residential, public facility, old

赤羽台団地は、昭和30年代に都市部のモデル団地として建設され、スターハウスや囲み配置を持つ名作と言われていた。当該プロジェクトは、UR都市機構が実施する赤羽台団地の建替事業において、㈱シーラカンス アンド アソシエイツと市浦ハウジング&プランニングが設計共同体を組んで取り組んだものである。
赤羽台団地発足当初からシンボルロードとして位置づけられているイチョウ通りに面する住棟であるため、その両側にロッジアを持つ離散的な平屋のコミュニティ棟群を配置すること、また、B-1街区へのつながりを確保する2層のピロティ+大階段(背後の2階デッキレベルでB-1街区へとつながる)を設けることで細やかなスケールを大きな街区の中につくりだした。
2012年 グッドデザイン賞受賞。

結果・掲載:『新建築』2011年2月号
構造:RC造 12階
規模:12,392㎡
住所:東京都北区
共同設計者:シーラカンスアンドアソシエイツ在籍時担当

Nouvelle Akabanedai bldg. 5

2010 / Category: residential, public facility, old

This project was the reconstruction of the Akabane-dai complex – one of the most glorious achievements of the Japanese Housing Authority during the high-growth period.

For the reconstruction project, we received the responsibility for both sides of the symbolic Ichostreet. The theme of our project became: how do we include these tiny grains (the human scaled space) right between 10 to 12 story buildings in the middle of the high density city.

We inserted a discreet one-story housing community supported by rows of loggias on both sides of the street. Furthermore, to ensure the connection to the nearby B-1 block (and its 1st floor deck), we came up with the solution comprising columns and a big staircase.

RC-12 stories
12,392㎡
Tokyo, Japan
C+A

DETAIL