R/URBAN DESIGN OFFICE LLC

news

「超郊外の新しい住まい」展 連動シンポジウム決定!Symposium information

Monday, September 24, 2012|news

まだ残席ありです。どしどしご予約下さい

日程 : 9/29(sat) 13:00-17:00 (開場12:30-)
会場 : リビングセンターOZONE 8F セミナールームA
事前申込制、定員60名(先着順)/参加費1000円
※申込:氏名、返信先のメールアドレスを daiki@hacocoto.com(中川大起)宛までお知らせください。
□第一部 13:00-15:00 「郊外の未来」
 人口減少及び高齢化が進む郊外の未来について
 ゲストコメンテーター :岡部明子、篠原雅武
 プレゼンター :志岐豊、雨宮知彦
 モデレーター :中川大起

□第二部 15:00-17:00 「二拠点居住という選択肢」
 二拠点居住などを通した都心と郊外を繋ぐ活動について
 ゲストコメンテーター :岡部明子、山代悟
 プレゼンター :志岐豊、雨宮知彦
 モデレーター :中川大起

・講師プロフィール
岡部明子
 建築家。千葉大学大学院工学研究科准教授。環境学博士。
 東京大学工学部建築学科卒業後、磯崎新アトリエ(バルセロナ)に勤務。その後、日本に戻り、東京大学大学院建築学専攻修士課程 を修了し、再びバルセロナへ。堀正人とHori & Okabe, architectsを設立、建築などのデザインを手がける。1996年より東京。
 著書に、『バルセロナ』(中公新書、2010)、『サステイナブルシティ-EUの地域・環境戦略』(学芸出版社、2003)、『ユーロアーキテクツ』(学芸出版社、1998)、ほか
篠原雅武
 大阪大学大学院国際公共政策研究科特任准教授。京都大学博士(人間・環境学)
 京都大学総合人間学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位認定退学。日本学術振興会特別研究員などを経て、現在に至る。著書に、『公共空間の政治理論』(人文書院、2007年)『空間のために』(以文社、2011年)『全-生活論』(以文社、 2012年)。 共訳書に、M・デイヴィス『スラムの惑星:都市貧困のグローバル化』(明石書店、2010年)、J・ホロウェイ『革命:資本主義に亀裂を入れる』(河出書房新社、2011年)ほか。
山代悟
 ビルディングランドスケープ共同主宰、大連理工大学 客員教授、CitySwitch Japan代表、NPO南房総リパブリック 副理事長、東京理科大学・日本女子大学 非常勤講師、博士(工学)
 島根県生まれ。1993年、東京大学工学部建築学科卒業、Responsive Environment共同主宰。1995年、東京大学大学院修士課程 修了。1995~2002年、槇総合計画事務所。2002年、ビルディングランドスケープ設立共同主宰。2002年~2007年、東京大学大学院建築学専攻助手。2007年~2009年、東京大学大学院建築学専攻助教。2010年より大連理工大学建築与芸術学院客員教授

「超郊外の新しい住まい」展Exhibition “SUPER SUBURB”

Monday, September 24, 2012|news

「富里の平屋」プロジェクトを中心とした展覧会を主催しています。10月2日まで。
ぜひご来場ください!
1_supersuburb
名称:超郊外の新しい住まい
会期:2012年9月20日(木)〜2012年10月2日(火)
時間:10:30〜19:00
会場:リビングデザインギャラリー/リビングデザインセンターOZONE
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー7F
主催:志岐豊、雨宮知彦、中川大起
協力:リビングデザインセンターOZONE
協賛:総武建設
問い合せ先:03-5322-6500
http://www.ozone.co.jp/

第1回「SFIDAフットボールデザインコンテスト」

Saturday, August 6, 2011|news

第1回「SFIDAフットボールデザインコンテスト」の審査員を雨宮、犬塚が勤めることになりました。審査員はほかにトラフ建築設計事務所さん、成瀬猪熊建築設計事務所さんです。詳細はリンク先をご覧ください。

なお、応募期間は2011年8月31日(水)24:00までです。
皆様ふるってご応募ください!

2 / 212